PolygonからbridgeしてETHを出金する方法

PolygonにETHを移動させることはできましたでしょうか。

Polygonネットワークはガス代が安いですが、複雑な点もありますよね。

わたしも壁にぶち当たっていました。

「MATICがなくMatic mainnetでETHをMATICコインに両替できない」なんてこともありました。

この記事では何かと難しいこともあるPolygonネットワークからETHを引き出す方法を解説します。

 

スポンサーリンク

①PolygonからEthereumにブリッジする

結論、Polygonへの送金の逆の作業をします。

Polygon Bridgeのウェブページにアクセスします。

Switchを押してFromをPolygon、ToをEthereumにします。

移動させたいETHの量を入力しTransferをクリックします。

画像1

説明事項を確認しContinueで進めていきます。

画像2
画像3

取引を確認して続けます。

Transfer modeはPos Bridgeが推奨されているようです。

画像4

MetaMaskで承認します。

画像5

送金が進んでいきます。

画像6

イーサリアムネットワークに入っていくためのチェックポイントに来たらContinueで続けていきます。

画像7

イーサリアムネットワークでもMetaMaskの確認が入ります。

画像8

確認次第さらに送金プロセスが進行します。

画像9

ピースがでたら完了です!!

画像10

MetaMaskでイーサリアムメインネットに受け取れていることを確認します。

画像11

無事にPolygonからイーサリアムにETHを移動させることができました。

 

②注意点

わたしはブリッジ作業で思わぬ落とし穴にハマりました。

PolygonにETHが十分に入っていても、イーサリアムネットワークにETHが不足しているコインが移動できません。

ご存知のようにイーサリアムネットワークのガス代はETHだからです。

やたらTransactionに時間がかかると思っていたら、実はガス欠だったということがありました。

受け取り側のイーサリアムネットワークにもETHを入れておきましょう。

ガス代(泣)…

 

DeFiでお金を運用して少しでもガス代を稼ぐのもありです。

Polygonを触れれば簡単に運用できると思います。

【DeFi】忙しい人のためのPancakeSwapのやり方

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!