MetaMaskの使い方と注意点

DeFiなどで仮想通貨を運用したり、NFTを購入するためには仮想通貨のウォレットが必要になります。

MetaMaskは多くの方に使われているウォレットで、わたしも使用しています。

これまでそれぞれのチェーンごとに複数個のウォレットを作成してきました。

この記事ではMetaMaskの使い方を説明します。

 

スポンサーリンク

① ChromeウェブストアからMetaMaskを追加する

MetaMaskはChromeの拡張機能として使用することができます。

しかし偽物のサイトも多いようなので気をつけましょう。

仮想通貨を抜き取られてしまいます。

Chromeウェブストアから追加するのが安心です。

Chromeに追加をクリックします。

画像1

MetaMaskを追加するかを確認されるため、拡張機能を追加を押します。

画像2

キツネが出てくるので開始します。

画像3

新しくウォレットを追加する場合は「ウォレットの作成」をクリックします。

画像4

品質向上への協力について確認して同意します。

画像5

パスワードを作成します。

画像6

ウォレットの保護についての説明があります。

確認したら「次へ」で進みます。

画像7

次の画面でシードフレーズが表示されます。

メモして進めていきます。

MetaMask 関連画像07

次に先ほどメモしたシードフレーズを入力する画面が出ます。

画面下部にシードフレーズの候補が出てくるので順番に選択します。

無事にMetaMaskをChromeに追加することができました。

画像10

MetaMaskのアドレスはアカウント名の下部分からコピーできます。

画像12

Coincheck(コインチェック)などからそのアドレス宛に送金しましょう。

 

② Chromeで使いやすくする

Chrome右上のパズルピースのようなマークをクリックします。

がびょうのマークを押すと、キツネが現れます。

画像10

これでMetaMaskのウェブページを開くことなく、ウォレットの中身を確認できます。

画像11

 

③ MetaMaskの注意点

TwitterなどでMetaMaskとつぶやくと、様々な誘いがきます。

その他にも手をかえ品をかえ、わたし達の資産を抜き出そうとする人がいます。

MetaMaskなどのウォレットを使用する際の注意点として、

シードフレーズや秘密鍵は絶対に他人に教えてはいけません。

勝手にウォレットを復元されてしまい、資産を失うことになります。

 

④ チェーンの追加方法

MetaMaskは最初はイーサリアムメインネットになっています。

PancakeSwapを使うときにはBSCを追加する必要があります。

OpenSeaなどでNFTを購入するときはPolygonを使用することもあるでしょう。

それぞれの記事が参考になれば幸いです。

 

MetaMaskの使用は仮想通貨・暗号資産の取引を行うのに必須となっています。

ぜひ使いこなしましょう!!

ちなみにSolanaではMetaMaskではなく別のウォレットが必要になります。

こちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!