統計ソフトR: エクセルの読み込み

 
けい
RをインストールしたけどExcelのデータが読み込めない

この記事ではRにExcelのデータを読み取らせる方法を解説します。

  

スポンサーリンク

Excelファイルの準備

RでExcelのデータセットを使用する際にはファイルの準備が必要です。

保存の際に、ファイルの種類からcsv (コンマ区切り)で保存します。

excelをCSVファイルに

  

Rでの準備

Filesで使いたいcsvファイルが選択できる状態で、More▼からSet As Working Directoryをクリックします。

画像2

 

setwd(“”)がConsoleに入力されます。

画像3

 

data <- read.csv(‘R_practice.csv’)と入力します。

左側のdataはxでもyでもなんでもよいです。

画像4

 

Dataの表のような図の部分をクリックします。

もしくはView(data)とConsoleに入力します。

画像5

 

するとデータの中身が確認できます。

画像6

 

この状態になればデータを扱えるようになります。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!