統計ソフトR:ヒストグラム

 
けい
Rでのヒストグラムの作り方や平均・中央値・分散・標準偏差の求め方がわからない

この記事ではRでのヒストグラム作成や平均・中央値・分散・標準偏差の求め方を紹介します。

 

Excelでのデータの取り込み方はこちらから↓

 

スポンサーリンク

ヒストグラム

ヒストグラムはhist()で作成できます。

今回はサンプルとしてrnormで乱数を発生させます。

rnorm(100, mean = 10, sd = 4)で平均 10、標準偏差 4 の分布に従う乱数を100個発生してくれます。

今回はxに入れ込みます。

乱数rnorm

hist(x)でヒストグラムが作成できます。

画像3

このヒストグラムを例えばyに入れ込むとヒストグラムの要素が確認できます。

画像4

breaksはヒストグラムのbarの幅です。

breaks = seq()でヒストグラムの幅を変更することもできます。

今回はbarの幅を1毎に変更しました。

hist幅

 

平均・中央値・分散・標準偏差の求め方

それぞれ以下で求められます。

  • 平均:mean
  • 中央値:median
  • 分散:var
  • 標準偏差:sd
平均中央値分散標準偏差
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!