MONTH

2020年11月

  • 2020年11月27日
  • 2020年11月27日

生体弁AF患者にリバーロキサバン非劣勢

非弁膜症性心房細動に対するDOACはコンセンサスが得られています。 人工弁患者にもDOACを使えれば良いですよね。 この研究では生体僧帽弁置換術後の心房細動患者に対するリバーロキサバンによる抗凝固療法の有効性、安全性が評価されました。   循環器診療 […]

  • 2020年11月26日
  • 2020年11月27日

Amazonビッグセール

5日間のAmazonブラックフライデー&サイバーマンデー 2020年もAmazonブラックフライデーセールがの開催が決定しました。 今年はブラックフライデーとサイバーマンデーが連続した5日間のBig Saleとなります。 ブラックフライデー:11月2 […]

  • 2020年11月26日
  • 2020年11月26日

スタチンが副鼻腔炎を減少

 けい スタチンで副鼻腔炎が減少する?確かに動脈硬化への抗炎症作用は言われていますが。       スタチンは一般的に血清コレステロールを低下させるために使用されますが、抗炎症作用も期待されています。 興味深いことに以前のcross-sectiona […]

  • 2020年11月23日
  • 2020年11月23日

ビタミンCと心臓病

抗酸化作用というメカニズムがあるにもかかわらず、ビタミンCの心血管イベント抑制における明確なエビデンスは確立されていません。 この研究では、女性におけるビタミンC摂取量と冠動脈疾患のリスクとの関連を検討しました。 Vitamin C and risk […]

  • 2020年11月21日
  • 2020年11月21日

高齢者の脂質低下療法

高齢者におけるLDLコレステロール低下治療の臨床的有用性については、依然として議論されています。 この研究では高齢者におけるLDLコレステロール低下治療のエビデンスをまとめることを目的としました。   方法 このシステマティックレビューおよびメタアナ […]

  • 2020年11月19日
  • 2020年11月19日

飲酒は心房細動のリスク

心房細動は読売ジャイアンツの長嶋監督や、サッカー日本代表監督のオシム監督も罹患され、脳梗塞や心不全などのリスクがある疾患です。 アルコール過剰摂取は心房細動リスクの増加と関連していることが以前の研究で示されています。 しかし軽度から中等度のアルコール […]

  • 2020年11月18日
  • 2020年11月18日

食物繊維が心イベント抑制

食物繊維、特に水溶性食物繊維の摂取は、冠動脈性心疾患(CHD)のリスクと逆相関する可能性があることが、これまでの研究から示唆されています。 食物繊維はコレステロール(特にLDL: 悪玉)を低下させ、冠動脈疾患を防ぐ役割があると考えられています。 また […]

  • 2020年11月13日
  • 2020年11月13日

MRI非対応心臓デバイスのMRI検査

非対応デバイスでもMRI検査できる? アメリカではペースメーカーや植込み型除細動器などの植込み型心臓デバイスを使用している患者が200万人を超えています。 MRI検査は診断や治療方針の決定に重要な検査となっていますが、強力な磁場を用いた検査であるため […]

  • 2020年11月12日
  • 2020年11月12日

大豆の血圧への関与

大豆たんぱく質の摂取は血圧を低下させた 高血圧は心血管疾患のリスクファクターとして知られています。 高血圧の予防と管理は注目されるべき事柄です。 1999年にthe US Food and Drug Administrationが、1日25gの大豆た […]

  • 2020年11月10日
  • 2020年11月10日

FFR vs OCT

この研究では、血管造影で中間的な冠動脈病変(AICL: angiographically intermediate coronary lesions)を有する患者を対象に、OCTガイドとFFRガイドでの治療を比較しました。 AICLを有する患者をFF […]