MONTH

2020年7月

  • 2020年7月31日
  • 2020年7月31日

冠攣縮性狭心症への抗血小板薬の効果認めず

冠攣縮性狭心症患者に抗血小板療法は有益な効果を認めなかった 冠攣縮性狭心症とは 冠攣縮とは、心臓の表面を走行する比較的太い冠動脈が一過性に異常に収縮した状態とです。 以下のような特徴があります。 硝酸薬により速やかに消退する狭心症発作 安静時(特に夜 […]

  • 2020年7月28日
  • 2020年7月28日

除細動適応ない心停止患者への低体温療法の有効性: NEJM

低体温療法は、院外心停止患者の蘇生後に意識障害が持続する成人の神経学的転帰を改善するために推奨されています。 しかし、除細動の適応ではない心停止(心静止、無脈的電気活動)の患者における低体温療法の有効性については議論があります。 方法 この研究では、 […]

  • 2020年7月20日
  • 2020年7月20日

PCSK9阻害薬とエコノミークラス症候群の関係: Circulation

PCSK9阻害薬は静脈血栓塞栓症リスクを減じた。 LDLコレステロールの静脈血栓塞栓症リスクは不確定で、関係性を示した報告もあれば関係性がないとの報告もあります。 また、CRPやLp(a)と静脈血栓塞栓症の関係を示した報告もあります。 この研究ではP […]

  • 2020年7月16日
  • 2020年7月16日

PCI後の心血管イベントは女性に多い: JACC

女性はPCI後5年時点で男性に比べて主要有害心血管イベントの高いリスクを示しました。 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の性差による転帰を検討した研究では、相反する結果が報告されてきています。 この研究は、PCI後の5年間の心血管系アウトカム […]

  • 2020年7月14日
  • 2020年7月14日

乳腺手術は術後せん妄発症リスク

乳腺手術は術後せん妄の発症リスク5倍 麻酔後ケアユニットにおける創発性せん妄は十分に理解されていませんでした。 この研究では、全身麻酔後の成人におけるせん妄の頻度と危険因子が検証されました。 方法 解析の対象としたグループは、せん妄の発生の有無で分け […]

  • 2020年7月14日
  • 2020年7月14日

TAVI術後せん妄のリスク因子

経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)後の術後せん妄の危険因子およびせん妄が死亡率および罹患率に及ぼす影響が検討されました。 多施設共同研究で2012年から2013年にTAVIを受けた患者のデータベースを用いて、TAVI後のせん妄の独立した危険因子を […]

  • 2020年7月11日
  • 2020年7月11日

アトピー性皮膚炎へのネモリズマブの効果: NEJM

ネモリズマブは、アトピー性皮膚炎のそう痒症や炎症に関与するインターロイキン-31受容体Aに対するヒト化モノクローナル抗体です。 第2相試験では、ネモリズマブはアトピー性皮膚炎の重症度を軽減しました。 この研究は二重盲検第3相試験で、アトピー性皮膚炎患 […]

  • 2020年7月7日
  • 2020年7月7日

ARC-HBRによるPCI後の出血リスク評価: JACC

心臓カテーテル治療により、冠動脈にステントを留置された方は、再狭窄やステント塞栓症を予防するために一定期間の抗血栓薬内服が必要となります。 心臓カテーテル治療後の出血は重要な予後規定因子となります。 Academic Research Consort […]

  • 2020年7月5日
  • 2020年7月5日

中性脂肪による冠動脈疾患を有する患者の残余リスク

中性脂肪値は、心血管イベントの残余リスクとして注目されています。 この研究では従来の冠動脈疾患の治療を受けた患者における、中性脂肪値と心血管イベントとの関係が評価されました。 方法 FMD-J Study Aに登録された652例のデータが解析されまし […]