忙しい医師のためのDeFi講座【PancakeSwapへの最短距離】

  • 2021年9月10日
  • 2021年9月15日
  • お金
  • 17view

DeFiという言葉を最近よく聞くようになりました。

新聞やネットの記事にも見かけるようになってきましたね。

しかし、

 
「ビットコインは持ってるけどDeFiはまだ早いかな」

といった方は多いのではないでしょうか?

仕事などで忙しいとなかなか手を出しづらいですよね。

私も病院での臨床の仕事と、大学院での研究で忙しく、まとまって勉強する時間が取れませんでした。

そこでまずは最低限の作業で、

「DeFiやってますよ」

と言えるように少しだけ勉強しました。

この記事では忙しい方でもDeFiを始められるよう、最低限の方法を紹介します。

この記事を読めば、DeFiの教科書・入り口と言われる、PancakeSwapを使えるようになります。

 

なお、DeFiは分散型の名の通り管理者がいません。
操作ミスなども自己責任になります。
リスクもあるのでご理解の上、運用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

①ビットコイン(BTC)を買う

まずはビットコイン(BTC)を買いましょう

私はBTCをCoincheckbitFlyerで買っています。

その際には販売所ではなく、取引所で買うようにしましょう。

手数料分を損しなくて済みます。

 

②Metamaskをインストールする

Metamaskはコインを入れておく財布です。

財布に入れることでコインが使用しやすくなります。

画像1

Google ChromeブラウザにMetamaskの拡張機能を追加します。

Downloadをクリックすると、Chrome ウェブストアに移動するので、Chromeに追加しましょう。

もちろん無料で追加できます。

画像2

Chromeに追加→拡張機能を追加と進めていきます。

その際に表示される「シードフレーズ」は必ず覚えておきましょう。

復元する際に必要になります。

また、シードフレーズは他人に教えてはいけません。

他人に自分の財布を渡すことになってしまいます。

 

③MetamaskにBSCを追加する

イーサリアム上で行われるDeFiが多いですが、手数料が高いのでここではBinance Smart Chain (BSC)を使用します。

最終目標のPancakeSwapもBSC上で動いているプロジェクトです。

BSCを使用するために、先程Chromeに入れたMetamaskにBSCを追加します。

設定(Setting)をクリックします。

画像3

設定のネットワークからAdd new networkします。

画像4

Network Name: Binance Smart Chain
New RPC URL: https://bsc-dataseed.binance.org
Chain ID: 56
Symbol: BNB
Block Explorer URL: https://bscscan.com

上記を入力し、保存(Save)でBSCネットワークが追加されます。

ネットワークの作成にあたっては、公式サイトもご参照ください。

BSC追加できたらMetamaskのネットワークをBSCに切り替えます。

画像5

ここからはBSCでの取引になるので、送金などの際はネットワークがBSCになっているか確認しましょう。

他のネットワークに接続されていると、コインが取り出せなくなります。

 

④BTCをBinanceに送金する

BSC (Binance Smart Chain)はその名の通り、Binanceが設計したブロックチェーンです。

BSCで取引を行う際には、バイナンスコイン(BNB)というコインが必要になります。

Binanceで口座を開設し、①で購入したビットコイン(BTC)をBinanceに送金します。

CoincheckやbitFlyerからBTCをBinanceに送金します。

Binanceへの送金方法はこちらを参考にしてください。

Binanceに入金されたBTCをBNBに交換します。

Binanceのトレード→コンバートからコインを交換します。

画像6

交換出来たらBinanceにあるBNBをMetamaskに送金しましょう。

Metamaskのアドレスをコピーします。
矢印の部分をクリックするとコピーできます。

画像7

Binanceのウォレットにある出金をクリックし、コピーしたアドレスをBinanceに入力し送金します。

画像8

MetamaskにBNBは入りましたでしょうか?

 

⑤PancakeSwap

いよいよPancakeSwapです。

MetamaskとPancakeSwapを接続します。

接続はPancakeSwapホームページの右上にあるConnect walletをクリックし、Metamaskを選択するだけです。

画像9

PancakeSwapではコインをペアで預けることにより、報酬を獲得できる仕組みになっています。

PancakeSwapでBNBの一部を他のコインに交換します。

ここではCAKEというコインに交換します。

PancakeSwapのTradeにあるExcahgeをクリックします。

FromはBNB、ToはCAKEを選択します。

画像10

交換したいBNBの量を設定して、Swapを押します。

コインの交換の際は、BNBの1/2弱をCAKEに交換するのが良いかと思います。

なぜならBNBはPancakeSwapで手数料として使われるので、少し残しておく必要があるからです。

BNBがゼロになると取引できなくなります。

Confirm Swapをクリックすると、手数料(ガス代)を確認されるので、承認しましょう。

進めていくとBNBがCAKEに交換できます。

次にTradeにあるLiquidityをクリックします。

Add Liquidityを押すと、2つのコインをinputする画面になります。

ここではBNBとCAKEを選択します。

画像11

BNBかCAKEのどちらか一方に数字を入力すると、もう片方にも同等の価値となるよう自動で数字が入ります。

ここでもBNBは少し残すようにしましょう。

Supplyをクリックし、取引の確認とガス代の確認をします。

これでLP(Liquidity Provider)トークンが獲得できます。

LPトークンをFarmsに預けることでCAKEを報酬としてもらえます。

FarmsにあるCAKE-BNBのEnable Contractをクリックすると、LPトークンを預けられます。

仕組みとしては手持ちのコインを預け入れることで、そのプログラム上に流動性(Liquidity)を供給したことになり、その報酬としてコインをゲットできるイメージです。

Farmsに預けることで稼いだCAKEは、HarvestをクリックすることでMetamaskに移されます。

画像13

そしてLPトークンをFarmsに預けることでゲットしたCAKEは、Poolsに預けることでさらに増えます。

Poolsに預けるにはAuto CAKEをEnableし、Stakeをクリックします。

+(プラス)ボタンでCAKEを預けることができます。

画像13

これでCAKEがCAKEを増やしてくれます。

 

⑥PancakeSwapからコインを引き出す

最後にPancakeSwapからコインを取り出す方法です。

Poolsからはー(マイナス)ボタンを押すことでCAKEを引き出せます。

画像14

FarmしているLPトークンもー(マイナス)ボタンを押すことで引き出せます。

画像16

引き出したLPトークンは、TradeのLiquidity画面で表示されるので、それを選択しRemoveすることでCAKEとBNBに分解されてコインを取り出せます。

画像15

これでPancakeSwapによる運用されたCAKEとBNBを Metamaskに送金することができました。

 

〇運用の流れ
1. BTCを買う
2. MetamaskをインストールしBSCネットワークを追加する
3. BinanceにBTCを送金し、BNBに交換する
4. BinanceからMetamaskにBNBを送る
5. PancakeSwapとMetamaskを接続する
6. PancakeSwapでBNBをCAKEに交換し、LPトークンを獲得する
7. LPトークンをFarmsに預け、CAKEを収穫する
8. 収穫したCAKEをPoolsに預けCAKEを増やす

 

いかがだったでしょうか。

ざっと一読しただけでは何のことやらって感じですよね。

しかしもう一度、実際に手を動かしながら読んでいただければ、こういうことかとわかってくるかと思います。

ちなみに、PancakeSwapを触れるようになると、他のDeFiにも参加できるようになります。

なぜなら同じような仕組みだからです。

ですので、まずはPancakeSwapから始めてみるといいのではないかと思います。

ぜひ皆さんも、「私もパンケーキ焼いてるよ」と言えるようになりましょう!

 

●アクセストレード
 お持ちのホームページ・メルマガで広告収入を得ることが出来ます。

 

MedPeerでのポイントの貯め方を紹介

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!