Rの使い方:表を四分位で表示

  • 2021年7月8日
  • 2021年8月10日
  • 統計-R
  • 16view
スポンサーリンク

Rの表を四分位で表示する

医学論文ではしばしば標準偏差での記載が望ましくないデータに出会います。

その際は四分位範囲で記載する必要があります。

ここではSBP, DBPを四分位範囲で表示します。

使用する練習データはこちら

tableoneでの2群比較についてはこちら

 

library(tableone)
baseline <- c("BMI", "HbA1c", "SBP", "DBP","HT", "DM")
baseline_factor <- c("HT", "DM")
baseline_nonnormal <- c("SBP", "DBP") #四分位範囲で記載したいもの
table1 <- CreateTableOne(vars = baseline, 
                        strata = "Male", 
                        data =df,
                        factorVars = baseline_factor)
table1 <- print(table1, nonnormal = baseline_nonnormal)
table1

 

四分位範囲で記載したい項目をbaseline_nonnormalに代入します。

baseline_nonnormal <- c("SBP", "DBP") #四分位範囲で記載したいもの

nonnormalにこちらを指定 (nonnormal = baseline_nonnormal) して出力します。

table1 <- print(table1, nonnormal = baseline_nonnormal)

 

画像20

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!