【仮想通貨】ICPウォレット作成からNFT購入まで解説

ICP購入方法、ウォレット作成、NFT購入を解説

ICP(インターネット・コンピュータ)は最近話題になっているプロジェクトです。

ICPの概要についてはマナブさんが詳しく解説しています。

ICPはブロックチェーンによるネットインフラの分散化を目指しており注目されています。

今後拡大することが期待されますよね。

そこでわたしもICPで取引ができるように準備をしておこうと考えました。

この記事ではICPウォレットを作成し、ICPコインを手に入れ、NFT購入する方法を解説します。

ICPコインをお持ちでない方は、コインチェックでビットコインを手に入れて両替しておきましょう。

 

スポンサーリンク

Plugウォレットの作り方

ICPでNFTの購入などの取引をするためにMetaMaskのようなウォレットを用意する必要があります。

今回はPlugを使います。

Twitterなどから公式サイトにアクセスします。

画像1

Download for Chromeをクリックします。

画像2

Chromeに追加を押します。

画像3

拡張機能を追加します。

画像4

今後使いやすいように画びょうのようなマークを押しておきましょう。

画像5

画びょうでピンしておくとChrome右上にPlugのアイコンが出るためクリックします。
そうすると下の画面になるため、Create Walletから実際にウォレットを作成していきます。

画像6

パスワードを作成します。

画像7

Recovery Phraseが表示されるためメモしましょう。
ウォレットを復元するのに必要です。
なおこのRecovery Phraseは絶対に人に教えてはいけません。

画像8

メモしてRecovery Phraseの下の四角にチェックを入れ、Continueをクリックすればウォレットの完成です。

画像9

スキャムかと思うGIFが出ますがこれで良いようです。

Chromeの右上にあるPlugアイコンを押すとパスワード入力画面になります。

画像10

パスワードを入力すればウォレットを確認できます。

画像11

これでICPを使って取引ができるようになります。

準備が完了したので、ICPでNFTを買ってみようと思います。

 

ICPを手に入れる

ICPはBinanceで手に入れることができます。

BinanceでICPを購入するにはBNBが必要になります。

まだBNBをお持ちでなければこちらを参考にしてください。

なお、BNBを手に入れるにはBTCなどのコインが必要になります。

 

Binanceのマーケットを開きます。

検索窓にICPと入力し、ICP/BNBのトレード開始をクリックします。

画像1

今回は成り行きで注文してしまいます。

マーケットの金額に必要なコインの枚数を入力し、購入を押します。

画像2

これでBinanceにICPが入りました。

画像3

BinanceからPlugに出金しますが、MetaMaskと異なる点があり注意が必要です。

PlugのDepositをクリックします。

画像4

ICPを選択しContinueします。

画像12

上のアドレスは他のPlugからの送受金に使います。

Binanceからは下のアドレスを使用します。

矢印をクリックしてアドレスをコピーします。

画像12

Binanceの出金画面にアドレスを貼り付けて送金します。

画像7

ICPのNFTマーケットにアクセスする

EntrepotというICPのNFTマーケットにアクセスします。

画像8

画面上部からMARKETPLACEに移りウォレットを接続します。

画像9

ここではPlugを選択します。

画像10

ウォレットを接続すると画像の下にBuy Nowが表示されるためクリックします。

購入を確認する画面になるためConfirmを押します。

画像11

画面の左側のMy Collectionsから購入したNFTを確認できます。

画像12

  

これでICPのNFTを手に入れることができました。

ICPはビットコインへの直接接続を目指しているようですが、今後どうなるでしょうかね。

わたしは触りつつ勉強して、さらなる発展を期待しようと思います。

 

SolanartでのNFTの買い方

関口メンディーにNFTを売りました

 

コインチェック
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!