TAG

CPA

  • 2020年7月28日
  • 2020年7月28日

除細動適応ない心停止患者への低体温療法の有効性: NEJM

低体温療法は、院外心停止患者の蘇生後に意識障害が持続する成人の神経学的転帰を改善するために推奨されています。 しかし、除細動の適応ではない心停止(心静止、無脈的電気活動)の患者における低体温療法の有効性については議論があります。 方法 この研究では、 […]

  • 2020年6月15日
  • 2020年8月26日

CPA後低体温療法患者の抗菌薬投与による早期VAP予防: NEJM

ショック可能な院外心停止後に低体温療法を行った患者は、人工呼吸器関連肺炎のリスクが高くなります。 しかしながら予防的な抗菌薬治療の有用性は示されていません。 この研究では心停止後低体温療法中の患者で抗菌薬投与がVAPを予防するか検討されました。 ショ […]

  • 2020年6月13日
  • 2020年8月26日

院外心停止患者AEDで自己心拍再開せずとも予後改善: Lancet

院外心停止を起こし、救急隊が到着する前に市民救助者のAEDによる除細動された患者の多くがが自己心拍再開しません。 しかしこのような患者の神経学的転帰と生存率は評価されていません。この研究では、このような患者の神経学的状態と生存成績を評価されました。 […]

  • 2020年6月6日
  • 2020年8月26日

院内心停止の低体温療法の効果: JAMA

低体温療法は、院外および院内心停止後の患者に用いられますが、院内での治療的低体温療法の有効性に関するランダム化試験は存在せず、有効性を検討したデータは限られています。 この研究では院内心停止後の治療的低体温と生存率との関連が評価されました。 全米の […]

  • 2020年6月5日
  • 2020年8月26日

院内心停止の予後因子: BMJ

この研究では院内心停止後の生存率と心停止前および心停止中の予後因子との関連が評価されました。 システマティックレビューおよびメタアナリシスでデータソースはMedline、PubMed、Embase、Scopus、Web of Science、およびC […]